業界別転職情報

施工管理

建設業界 施工管理職の転職トレンド

2015年度の施工管理職事情については、人材の人手不足の影響でまだまだ採用の枠はありますが、
内容が大きく変化している傾向があります。

採用は量から質に転換され、経験内容・年齢・資格と実務の内容や、
企業側の求める条件に合う人材などが内定率として高くなっています。

国内では、(住宅~商業施設他)、土木、電気、管工事などの受注はまだ伸びている傾向ですが、
企業の採用事情としては、資格と経験による技術内容も今後は問われてくる状況です。

また、海外については、東南アジアを中心に各社新規受注を伸ばしており、
ODAや民間の案件を積極的に推進傾向です。

今後も益々、海外土木・建築の施工管理職のニーズが増加し、
国内以外の求人案件が増えてくると予測されます。

建設業界 施工管理職のキャリア形成

業界の古き伝統や、仕事の考え方・施工の仕方では、
時代と共に変化する生活様式の多様化や企業および公共期間のニーズに対応できません。

また、近年、技術革新も進み、多種多様な施工案件も増加傾向となっています。

2級および2種という資格保有者は、1級や1種の資格取得を求められ、
新卒者・二次新卒者・30歳までの無資格者は、資格取得が必須要件となり、
年収や案件にも比例してきます。

これしかできないという考え方から、積極的に学び、チャレンジする資質の人たちが、
結果的に優遇され、勝ち残っていける風土に移行されつつあります。

また、海外希望者は、語学力が必須とされ、
特に海外未経験者が海外を希望する際は、それなりの準備が必要となります。

施工管理キャリアコラム

施工管理の注目採用企業情報

施工管理の求人情報

施工管理関連のレジュメの書き方

施工管理の専門コンサルタント

業界内インデックス
職種
資格
業態