医療機器営業医療機器営業

業種別レジュメのポイント

医療機器営業のレジュメの書き方

応募企業での書類選考では、人事担当者の目、応募のポジションが所属する部署の目(通常は入社後直属の上司となる方)を通過してこそ、面接の機会を得る事が出来ます。
書類選考通過の為には、「何を、どこで、どれくらい売り上げたか」といった3つのポイントに、その手法、環境、規模、マネジメント経験等具体的な事例を上げ、アピールすべきポイントを簡潔に整理して記載します。
職務経歴書は眺めるだけで、アピールしたい部分が分かる様に心がけて作成したいところです。

医療機器営業のレジュメのポイント

1. 「何を」

医療機器と言っても、大型放射線機器、試薬・分析装置、人工呼吸器、循環器・心臓外科関連製品、整形外科分野、歯科分野、眼科分野、医療材料、消耗品等、幅広い領域でそれぞれ専門性を持ち、その販売手法も多岐に渡ります。
これまでに、「どのような製品」を「どのような営業スタイル」で拡販して来たのか具体的に記載する事で、現場の興味を引く事が出来ます。

2. 「どこで」

これまでの担当地域(全国、東日本、西日本、○○県等)、顧客の規模(大学病院、基幹病院、○○床以上の病院、開業医)、訪問診療科、代理店等、これまで得意としてきた顧客を具体的にアピールします。
また、現場への直販営業、又は代理店への営業、新規開拓、既存顧客の割安等も記載する事で、これまでの営業活動の様子が理解出来ます。

3. 「どれくらい売り上げたか」

営業の最大のアピールポイントは「営業実績」です、「この人を採用出来たら、自社の売り上げ増加に貢献してくれる」と思われる事が最も大切なアピールポイントになります。
実績は、出来る限り、
 「対象年度、目標数字、実際の売上数字、目標達成率」を表記、年度ごとの数字を併記する事で、複数年に渡り実績を残して来た事をアピールします。
 他にも、対前年比、担当エリアでのシャア率、新規大口顧客の開拓実績、社内順位、社内表彰実績、成城事例等 営業力をアピール出来る表現方法を工夫します。

4. 「資格、語学、マネジメント経験等」

個人の営業実績は最大のアピールポイントですが、年齢と経験により、チームや部署のマネジメントを期待される事になります。
どの様な環境(事業部、支店、営業所、組織構成)で、どのような規模(具体的な人数や構成)でのマネジメントを経験したのか、また後輩やアルバイトスタッフの指導、教育といった経験も活かせる部分です。

また、医療機器、医薬品の販売ではMR資格やMDIC資格、経験によっては、臨床工学技士、看護師、臨床検査技師等業界で必要とされる資格は全て記載します。
また、直接医療機器営業職に関係の無い資格であっても、その人の性格、人格等想像させる物が多く有ります。お持ちの資格はその出来る限り記載する事をお勧めします。
 
英語について、医療機器営業職の募集では英語については不問の場合も見られます、しかし外資系企業ではもちろん、日系企業でも海外との流通、交流の機会は多く、ポジションの上昇に伴い語学力が必要とされます。
現在の語学力(例えばTOEIC等)を表す事が出来る場合には資格として、また現在語学スキルの向上を目指している方はその内容を、今後英語を使える様になりたい方はその意気込みを記載する事をお勧めします。

倉持 康男

倉持 康男

専門分野医療機器、ニュートリション、理化学/分析機器等

医療機器業界での20年の営業・マーケティング経験を活かして、求人の詳細なポイントを分かり易くお伝えします。

医療機器メーカー勤務やベンチャー企業の経営、ヘッドハントやリストラ、倒産といったあらゆる状況での経験を活かし、一つの仕事を大切に思う気持ちを持って、応募者のご希望と適性に沿った、ご納得頂ける転職をサポートします。

様々な気持ちやご事情により転職をお考えの皆様へ、その立場や状況を共有し、同じ目線でサポートさせて頂くことをコンサルタントとしての基本姿勢としています。

倉持 康男の最新キャリアコラム 倉持 康男のおすすめ求人 倉持 康男担当の転職体験談