東証一部上場の大手内資系製薬企業のデジタル・IT統括部門で、欧米自販の展開のためにグローバルレベルでのシステムの企画提案と構築管理を推進する組織のマネージャーとして尽力いただくグローバルIT推進マネージャーを募集いたします!

大手内資製薬会社

年収
1000万〜1300万
勤務地
東京、または大阪 ※ご希望をお知らせください。

求人情報

募集背景 新規募集。
仕事内容 ◆下記を主管する組織のマネージャとして、組織運営や社内外の折衝を通じて、成功に導くこと。
・中長期経営計画にある欧米自販の展開のために必要なグローバルシステムの構想策定
・製薬に関連する各業務システムの企画提案と設計構築
・国内外にわたる各業務プロセスの整理と集約
・グローバルレベルでのITポリシー策定やガバナンス体制の設計構築
・グローバルITサービス・サポートの設計構築
ポジション グローバルIT推進マネージャー:東証一部上場大手内資系製薬企業!
応募条件 ・大卒以上

・グローバル組織または海外駐在でのビジネス経験が望ましい
必要スキル ・全社の事業戦略に基づくグローバルIT戦略を策定し実行計画へ落し込む構想・実現力
・経営・リーダー層と伍して語り合い、相互理解を得てグローバルITを推進する折衝・調整力
・部員や現地法人、社内外ステークホルダーを前向きに巻き込む発信・合意形成力
・GxP領域、とくにGCP、GVPに関する業務・システムへの理解(歓迎)
【マネジメント経験】
必要
【英語スキル】
・語学力(日本語・英語):ビジネスレベル(TOEIC 800点以上)
求める人物像 ・コミュニケーション能力の高い方
雇用形態 正社員
勤務地 東京、または大阪 ※ご希望をお知らせください。
勤務時間 8:45~17:20 ※フレックスタイム制度あり
年収 1000万 〜 1300万
休日休暇 週休2日制、祝日、年末年始、夏季休暇、慶弔休暇、年次有給休暇、リフレッシュ休暇、介護休暇、ボランティア活動支援休暇、骨髄ドナー休暇、人間ドック特別休暇など ※年間休日128日(2019年度)
福利厚生 通勤費(全額支給)、各種社会保険(雇用・労災・健康・介護・厚生年金)完備、こども手当、住宅手当、自社株投資会、財形貯蓄、退職年金、住宅融資など
担当者より 東証一部上場の大手内資系製薬企業のデジタル・IT統括部門で、欧米自販の展開のためにグローバルレベルでのシステムの企画提案と構築管理を推進する組織のマネージャーとして尽力いただくグローバルIT推進マネージャーを募集いたします!

AHREC

担当コンサルタント

脇 裕美子

専門分野

大手内外資製薬メーカー、スペシャリティファーマ、内外資CSO (MR、マーケティング、SFE、臨床開発、MSL、メディカルアフェアーズ、安全性、 統計解析、DM、創薬研究、CMC研究、QA・QC、メディカルライティング、薬事、薬価、 MD、等)

このコンサルタントの詳細を見る
製薬業界専任コンサルタント歴12年の経験と累計200名以上の転職成功実績を保有。

各職種の理解や業界に関する幅広い知識を強みとしています。
特にメディカル専門職種(創薬研究、臨床開発、メディカルアフェアーズ、QA/QC、PV、薬事、他)に精通。
セールスマーケティングや事業開発は勿論のこと、経理財務、法務、IT職種に至るまで幅広いポジションの転職支援に携わり、多数の転職成功実績有り。
マネージャーやディレクター等のマネジメント層の方々の転職成功実績も多くございます。

[注目企業]に掲載中

《注目企業》小野薬品工業株式会社

当社は1717年の創業以来、約300年の歴史を有しています。1947年に小野薬品工業株式会社としてスタートし、日本の医療の発展に貢献する独自の研究開発を続け、様々な「世界初」の新薬を送り出してきました。
1968年、プロスタグランジン(PG)の全化学合成に成功。5年後の1973年には、世界発のPG医薬品「プロスタルモンF」を開発・上市しました。企業としてPGの全化学合成に成功したのは世界で初めて。PGの発見・合成で1982年にベルグストローム、サミュエルソン、ヴェインの3氏がノーベル医学生理学賞を受賞されるなどPG研究は世界の注目を集めました。そして、2014年には世界に先駆け抗PD-1抗体「オプジーボ」も発売し、がん免疫法の新たな道を切り拓いています。
「病気と苦痛に対する人間の闘いのために」という企業理念のもと、世界に通用する独創的な医薬品の開発を目指し、特定分野に特化した研究開発型国際製薬企業(グローバル スペシャリティ ファーマ)の実現に向けて積極的な努力を重ねています。

注目企業詳細を見る

転職支援サービスへの登録、利用はすべて無料

キャリア相談もお気軽にご相談ください。

無料転職支援サービスに申し込む
TOPへ