次の10年のステージを選ぶ!次の10年のステージを選ぶ!

転職体験談

次の10年のステージを選ぶ!

Aさん(男性)

転職前 転職後
業種 通信事業者系インテグレータ 急成長ネットワーク企業
職種 ネットワークエンジニア ネットワークエンジニア
転職を考えたきっかけ

大学卒業後、現在の会社(通信事業者系インテグレータ)で約10年間勤続し、仕事も自分としては順調にこなしてきたと思う。しかし、一方でほぼ ”やり尽くした感” があり、このままでは自身の成長という観点で物足りなくなってきた。自分の将来のキャリアを考えた場合に、次の10年に取り組むべきテーマを明確化し、それに合った環境で働き自身の成長を図りたい。

コンサルタントの印象・アドバイスした内容

A氏は、経験、スキル、資格、英語力、若さ、、、どれも素晴らしく、正に業界のエリートといえる若手技術者である。また、10年レンジで自身のキャリアを計画的に考えている点など、単に若いというだけでなく、大局観を持った素晴らしい青年と感じた。情報通信業界の企業であれば、ほとんどの企業が欲しがる人材と思われ、実際に内外の有名企業の選考も進んでいるようだった。しかし、A氏としては、未だピンと自身に響くようなオファーは得られていないようだった。
そこで、転職活動の指針を見つけるためにA氏の言う ”次の10年に取り組むべきテーマ” について、徹底的に話し合った。

転職活動で苦労した点、よかった点

もっと自分を磨くことができ、成長できる環境で、、、、ということで漠然と転職活動をして、数々の著名企業からお誘いもいただいていたが、今一つピンとこなかった。コンサルタントの方と話して、自分が求める ”次の10年に取り組むべきテーマ” が自分の中で明確でないから、転職活動にも迷いが出ていることに気付かされた。そこで、コンサルタントの方と会話をしていく中で、そのテーマの核となるいものが、”グローバルな環境で活躍できる技術者になること” というVisionだと発見できた。 それを基に、コンサルタントの方から、①グローバルな視点で活動できる ②レベルの高い技術者と一緒に働き刺激し合える という条件を満たす外資の急成長ネットワーク企業を紹介いただき入社することが出来た。面接の過程で出会った同社の技術者のレベルの高さや同社の事業Visionにもワクワク感を覚えた。 

コンサルタントからの一言

A氏の場合は、”次の10年のテーマとして取り組むべきこと” を一緒に明確化するという作業がご支援のすべてだったと言ってよいと思う。一緒にA氏の次の10年のテーマを明確にし、それに合った企業・案件をご紹介した後は、持ち前の素晴らしい経験・キャリアとポテンシャルでほとんど問題なく採用決定まで駆け抜けた事例でした。

佐藤 徹次

佐藤 徹次

専門分野専門分野はSIer, NIerと呼ばれるICT業界全般とユーザ企業内の情報システム部門

情報通信(ICT)業界にて約30年の実務経験とカウンセリングのスキルを磨いてキャリアコンサルタントへ。
転職希望者の方の”思い”に耳を傾けるよう心掛けています。 単なる条件の摺合せにとどまらず、求職者の方と求人企業様の双方の”思い”をマッチングすることを心がけています。

佐藤 徹次の最新キャリアコラム 佐藤 徹次のおすすめ求人 佐藤 徹次担当の転職体験談