世界の中のサンド世界の中のサンド

世界の中のサンド

世界市場シェア(ジェネリック医薬品 2009年)

サンドの世界市場シェアは約10%。日本で展開しているジェネリックメーカーとしてはテバに次いで第二位です。金額ベースではサンドの世界の売上は7240億円となっており、日本国内の内資系製薬企業と比較しても5位~6位に匹敵する売上の企業です。世界規模でも25位以内に入る企業となります。


安心・信頼のサンドの医薬品(品質、安定供給、安全性情報)

サンド株式会社

【品質】
ノバルティスのグローバル水準は、日本の厚生労働省(医薬品医療機器総合機構:PMDA)、米国食品医薬品局(FDA)、欧州医薬品審査庁(EMA)のガイドラインの中から一番厳しい基準を採用しています。
ノバルティスグループのサンドは高い基準のグローバル水準の品質管理を行い、またGlobal Quality Assuranceによる定期的な監査を受けています。
抗生剤・バイシミラーにおいては、原薬から最終製品まで一貫したプロセスでの生産体制を取り入れ、品質を確保しています。
【安定供給】
ノバルティスグループのサンドは、グローバルレベルの供給体制を持っております。世界30拠点以上(抗生剤は8拠点)からの供給体制を布いており、グローバルネットワークによる安定供給を実施しています。また、APIのセカンドソース態勢も、整備しているところです。
【安全性情報】
サンドは、グローバルネットワークを生かし、世界中で収集した膨大な安全性情報を共有し、その情報に基づき、副作用の発生動向を各国の規制当局に提出しています(PSUR等)。また、医療従事者の皆様には適正使用情報を、患者さんやご家族の方々にはニーズに合わせた安全情報の提供を行っています。


将来と展望

サンド株式会社サンドの品揃えは通常のジェネリック医薬品を充実させると同時に「製剤化の難しい製品」群の強化を基本方針としています。この代表がバイオシミラーです。
日本では2009年に日本初のバイオシミラーであるソマトロピンBS皮下注5mg「サンド」、同10mgを他社に先駆けて開発・上市いたしました。また、ヨーロッパで上市できている第二、第三のバイオシミラー製品を日本においても1日も早く患者さんにお届けすることを目標に開発を進めています。

その他にも抗癌剤分野ではオーストリアのEBEWE(ベベ)社を買収するなど最先端の研究、生産能力を強化しています。
これら品質の優れたジェネリック医薬品、バイオシミラーを組み合わせていくことで患者さん、医療従事者の皆さんに貢献し、ジェネリックメーカーのリーディングカンパニーへと成長していきます。


ジェネリック医薬品の世界的トップカンパニー

無料転職相談お申し込み
サンド株式会社 ご希望の方は上のボタンからお申込み下さい。
サンド株式会社 インタビュー特集

ジェネリック医薬品の世界的トップカンパニー – SANDOZ企業紹介

ジェネリック医薬品の世界的トップカンパニー – SANDOZ企業紹介サンドの魅力 ◆130ヵ国以上で事業展開しているグローバルネットワーク ◆治療を受けられる患者さんにとって付加価値のある製品を生み出す高度な技術 ◆経口剤から注射剤、バイオシミラー(バイオ後続品)※、吸入剤、パッチ、インプラントなどの高度な開発・生産技術を要する製品まで、幅広い製品群 ◆世界中に開発拠点、生産拠点を有し、世界人口の約90%にサンド製品を提供できる体制 ※バイオ...

 >> [続きを読む]

世界の中のサンド