小野薬品工業株式会社小野薬品工業株式会社

注目企業

小野薬品工業株式会社

小野薬品工業株式会社当社は1717年の創業以来、約300年の歴史を有しています。1947年に小野薬品工業株式会社としてスタートし、日本の医療の発展に貢献する独自の研究開発を続け、様々な「世界初」の新薬を送り出してきました。
1968年、プロスタグランジン(PG)の全化学合成に成功。5年後の1973年には、世界発のPG医薬品「プロスタルモンF」を開発・上市しました。企業としてPGの全化学合成に成功したのは世界で初めて。PGの発見・合成で1982年にベルグストローム、サミュエルソン、ヴェインの3氏がノーベル医学生理学賞を受賞されるなどPG研究は世界の注目を集めました。
「病気と苦痛に対する人間の闘いのために」という企業理念のもと、世界に通用する独創的な医薬品の開発を目指し、特定分野に特化した研究開発型国際製薬企業(グローバル スペシャリティ ファーマ)の実現に向けて積極的な努力を重ねています。

小野薬品工業株式会社 企業紹介&インタビュー特集

願いをこめた新薬を、世界のあなたに届けたい。- 小野薬品 企業紹介

願いをこめた新薬を、世界のあなたに届けたい。- 小野薬品 企業紹介いまだ克服できていない病気や、さまざまな患者さんの満たされない想い。ライフスタイルや価値観が様々である昨今、人々の幸せの基準はどんどん多様化し、必要とされている薬も一様ではありません。 当社は独自の研究開発を積み重ねながら、世界のバイオ企業や研究機関とも積極的に手を結び、これまでにない新薬の開発に全力で取り組み、未来に役立つ創薬を目指していきます。 独創的な製品郡と新薬開発への取り組み ...

 >> [続きを読む]

小野薬品工業株式会社の求人一覧

お気軽にお問合せ下さい
一覧ページに戻る 無料転職相談お申し込み
小野薬品工業株式会社の担当コンサルタントより

小野薬品工業株式会社はこれまでも独自性のある非常にユニークな製品を数多く市場に送り出してこられましたが、中でも昨年、悪性黒色腫(メラノーマ)治療薬として抗PD-1抗体「オプジーボ」を発売されました。
同社では抗がん剤は初でしたが、がん治療を変える革命的な治療薬を上市し、現在世界的に注目されている「がん免疫療法」という新たな市場を創出して話題を集めています。
粘り強く開発を続けていく研究開発志向の文化が会社内に根付いていることが小野薬品社の魅力だと思います。
昨今中途採用にも注力されており、同社では活躍の場が多数あります。
日本発信で世界に向けて革新的な医薬品を創出していきたいという想いをお持ちいただける方には非常に魅力的な会社です。
また、社員の結びつきが強いアットホームな企業文化も同社のお薦めポイントです。
小野薬品社にご興味をお持ちいただける方は是非ご相談ください。
皆様のエントリーをお待ち申し上げております!

脇 裕美子

脇 裕美子

専門分野大手内外資製薬メーカー、スペシャリティファーマ、内外資CSO、外資医療機器メーカー (MR、営業所長、マーケティング、臨床開発、SFE、統計解析、法務、IT、等)

小野薬品工業株式会社の会社概要
会社名小野薬品工業株式会社
事業内容医療用医薬品を主体とする各種医薬品の研究、開発、製造、仕入および販売
設立昭和22(1947)年 (創業 享保2年(1717)年)
資本金173億5800万円
代表代表取締役社長 相良 暁
所在地〒541-8564
大阪市中央区久太郎町1丁目8番2号
従業員数2,652名(小野薬品単独ベース)
2,913名(連結ベース)
株式上場市場東京証券取引所一部
一覧ページに戻る