日本アルコン株式会社日本アルコン株式会社

注目企業

日本アルコン株式会社

日本アルコン株式会社世界のアイケア企業の中でも、最大級の研究開発力を誇るアルコン事業部門は現在、白内障、緑内障、加齢黄斑変性、網膜疾患、ドライアイ、感染症、炎症、アレルギー、硝子体網膜、緑内障と屈折手術、および眼の健康に関する製品を開発しています。さらに、チバビジョンの研究開発力により、アルコン事業部門の製品開発はコンタクトレンズの領域へ拡大しました。

アルコンは今後5年間でさらに約50億ドルを投資し、アイケアにおける製品の研究開発を推進していきます。また、ノバルティスとの統合により、アルコン事業部門はノバルティス バイオメディカル研究所(NIBR)とも協力し、アイケアにおける製品開発をさらに促進していく予定です。

日本アルコン株式会社 企業紹介&インタビュー特集

眼科領域に卓越したグローバルカンパニー – 日本アルコン企業紹介

眼科領域に卓越したグローバルカンパニー – 日本アルコン企業紹介日本アルコンの研究開発力 世界のアイケア企業の中でも、最大級の研究開発力を誇るアルコン事業部門は現在、白内障、緑内障、加齢黄斑変性、網膜疾患、ドライアイ、感染症、炎症、アレルギー、硝子体網膜、緑内障と屈折手術、および眼の健康に関する製品を開発しています。さらに、チバビジョンの研究開発力により、アルコン事業部門の製品開発はコンタクトレンズの領域へ拡大しました。 アルコンは今後5年間でさらに約50...

 >> [続きを読む]

お気軽にお問合せ下さい
一覧ページに戻る 無料転職相談お申し込み
日本アルコン株式会社の担当コンサルタントより

日本アルコン株式会社は、眼科領域において医療器械から眼科手術用具、治療薬、OTCのオプティフリー(コンタクトレンズ・ケア用品)に至るまでトータルでのアイケアサービスを展開しています。また、アイケアのグロ-バルリーディングカンパニーとして、研究開発についても業界トップの開発費を投資し、高品質な製品を開発しています。
ご興味をお持ちの方はぜひ、チャレンジなさってみてください!
和気合々とした雰囲気が当社の特徴です。
風通しが良く、働きやすい環境です。
様々な活躍の場が、貴方を待っています。

エントリー頂いた後、企業の詳細説明、応募にあたってのアドバイス、内定後のフォローから入社に至るまできめ細かな対応をさせて頂きます。
貴方のエントリーを心よりお待ちしております。

脇 裕美子

脇 裕美子

専門分野大手内外資製薬メーカー、スペシャリティファーマ、内外資CSO、外資医療機器メーカー (MR、営業所長、マーケティング、臨床開発、SFE、統計解析、法務、IT、等)

日本アルコン株式会社の会社概要
会社名日本アルコン株式会社
事業内容眼科領域に特化した医療用医薬品、医療機器およびコンタクトレンズ、レンズケア製品の製造・販売

医薬事業:
アルコンではこれまで革新的な眼科領域の治療の開発に注力してきました。アルコン事業部門の医薬品のグローバル製品ポートフォリオでは緑内障や感染症、炎症、ドライアイや眼アレルギーなど、眼科に関するさまざまな治療薬を扱っています。

サージカル事業:
アルコン事業部門は、医師が患者さんにとって最適な結果をもたらすために、業界で最も包括的な眼科サージカル製品を提供しています。サージカル製品のグローバルポートフォリオには、白内障、硝子体網膜、屈折矯正および緑内障用の機器や器具などが含まれています。

ビジョンケア事業:
アルコンのレンズケア製品、チバビジョンのシリコーン・ハイドロゲル・レンズ、1日使い捨てレンズ、カラーレンズ、過酸化水素タイプのレンズケア製品が加わることで、最大級の製品ポートフォリオを有することになります。
設立1973年
資本金5億円
代表代表取締役社長 ジム・マーフィー(Jim Murphy)
所在地〒105-6333
東京都港区虎ノ門1丁目23番1号
虎ノ門ヒルズ森タワー
従業員数約1,200名
売上高アルコン(全世界) 102億米ドル(2012年) 100億米ドル(2011年) 90億米ドル(2010年) 64億米ドル(2009年) 62億米ドル(2008年) 43億米ドル(2005年)
一覧ページに戻る