ネットワークエンジニアよ セキュリティスキルを身につけなさい!

2016.02.12
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ネットワークとセキュリティ業界での転職ならお任せください。

A・ヒューマンの佐藤徹次です。

 

ちょっと前(3年前位)までは、ネットワークエンジニアは、転職市場でも希少的な存在で、それなりに市場価値が高かったものです。しかし、ここ最近はネットワークエンジニアを派遣会社から調達するような動きも珍しくなくなり、一頃の市場価値も減じてきた感があります。

 

そう言えば、ネットワークベンダーとして業界で名だたる企業であった“あの会社”も、“この会社”も、転職市場では人材採用面よりもリストラ関係での話題が目立つようになってきたような、、、

 

ネットワークエンジニアとして、自身の市場価値を維持し、さらに高める方法はないものでしょうか?

 

実際にネットワーク系技術者として、最近人気のあるのは、以下の2つです。

  • ◇セキュリティエンジニア(今日はこちらにフォーカスをあてますね)
  • ◇クラウドエンジニア

 

私のところに転職相談に来られるネットワークエンジニアの方々の中にも、そのことに気付いている方がどんどん増えているように感じます。

 

元々、ネットワークエンジニアとセキュリティエンジニアは非常に親和性が高いと思いますのでスキルアップの方向性としてセキュリティスキルを付加していくことは、それほど難しいことではないと思われます。それによってエンジニアとしての価値が大きく増しますので、スキルアップへの投資として考えると、“コストパフォーマンスが高い” のではないでしょうか。

 

ネットワークは、様々なネットワークプロトコルの正常系的動作を駆使していく“表のネットワーク世界”です。一方、セキュリティの世界は、ネットワークプロトコルの欠陥を突いてネットワークユーザーに何らかの不利益を与えるようなネットワークプロトコルの異常系的動作を悪用する“裏のネットワーク世界”と言えるかもしれません。

 

しかし、技術的にみれば、ネットワークプロトコルを表から見るのか、裏から見るのかというように、近似的、隣接的、背理的な範囲のテーマとも言え、ネットワークエンジニアにとってセキュリティは、“やろうと思えば比較的に簡単にやれる”テーマではないでしょうか。

 

さあ、ルータやスイッチ等の箱型ネットワーク製品を通じてネットワークプロトコルの使い手となった「あなた」、、、是非、その姿も似ているFirewallやIDS/IPS、WAF等の箱型製品からセキュリティを始めてみませんか?

(注記:本コラムでは、セキュリティとして主にIPベースのネットワークセキュリティを指しています)

 

◇ ◇ ◇

 

それでは、ネットワークエンジニアからセキュリティエンジニアへとスキルアップが効率よく図れる環境を持つ特選企業の案件を以下にご紹介しましょう。

是非、チャレンジしてみませんか?

 

海外の先進技術・製品の国内展開に最もアグレッシブな企業

ネットワーク、仮想化、ストレージ、セキュリティとバランスのとれたネットワーク企業

急成長中の外資系セキュリティ製品ベンダー

日本のインターネット業界を牽引してきたネットワークインフラサービス企業

日本を代表するセキュリティサービス企業

この記事を書いたコンサルタント

佐藤 徹次

専門分野

企業:IT系コンサルファーム、SI企業、IT製品ベンダー/職種:営業、ITコンサルタント、セキュリティコンサルタント、プロジェクトマネジャー、インフラエンジニア、先進領域技術者

このコンサルタントの詳細を見る
情報通信(ICT)業界にて約30年の実務経験とカウンセリングのスキルを磨いてキャリアコンサルタントへ。
転職希望者の方の”思い”に耳を傾けるよう心掛けています。
単なる条件の摺合せにとどまらず、求職者の方と求人企業様の双方の”思い”をマッチングすることを心がけています。
採用に関するご相談がございましたら
お気軽にお問い合わせください

転職支援サービスへの登録、利用はすべて無料

キャリア相談もお気軽にご相談ください。

無料転職支援サービスに申し込む
TOPへ