ビッグデータ その2

2016.02.10
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちは、赤澤です。
2ヶ月ぶりのコラムとなります。(ちょっと間が空きすぎなので、今後はペースを上げていきます)

今回も最近読んだ面白い本のネタです。

それは『鈴木さんにも分かるネットの未来』(岩波新書)。
著者は、ニコニコ動画で有名なドワンゴ創業者の川上量生(かわかみのぶお)さん。
川上さんは株式会社KADOKAWA・DWANGO代表取締役社長という立場ですが、一方で「スタジオジブリプロデューサー見習い」だそうです。
そう、鈴木さんとは、ITリテラシーが高いとは言えない(失礼!)スタジオジブリ・鈴木敏夫さんのこと。

「誰にでも良く分かる」視点で書いたということですが、取り上げたトピックスは幅広く、最新・将来のネット/ITについて深い洞察が繰り広げられています。
我々ITに携わる者にとっても「分かったようで、良く分からない、もやもやっとしたこと」について、独自の視点で鋭く解説いただいています。
どこかで読んだり見たりした内容でなく、しかもしっかりと説得力があるのが流石です。

そもそもITだけではないですが、新しいことについて皆さん難しく語りたがるんですよね。
この本でも触れられていますが、10数年前にIT業界でもポジション(職種)として「エバンジェリストevangelist:伝道者」というのが流行りました。
自社の新技術・新サービスについて分かりやすく説明ということだったんですが実はそうでもなく、この本こそそんな感じです。
ご興味のある方は是非どうぞ。

「ビッグデータ その2」というタイトルで取り上げましたが、この本ではあまりビッグデータ関連のトピックスは多くありません・・・

ということで話は変わって、ビッグデータ・AIで旬の企業といえば、創業13年目、日米同時上場のUBIC。
http://www.ubic.co.jp/
エンジニアから、営業、マーケティングまで幅広い求人があります。

 
▼営業マネージャー
▼自社独自ソフトウエア製品開発(スタッフ)

 
 

●著者名:川上量生 ●タイトル:鈴木さんにも分かるネットの未来 ●出版社:岩波書店/岩波新書

●著者名:川上量生
●タイトル:鈴木さんにも分かるネットの未来
●出版社:岩波書店/岩波新書

いまやネットなしには毎日はありえない。
そのネットの世界では何が起きているのか。ネットの世論とは。コンテンツは。
国境を越えているのか。書籍やテレビ、新聞を凌駕するのか。そしてリアルとネットの関係は・・・。
みずからもパイオニアとして、ネット世界での様々な試みを実現してきた著者が、ネットのいまと未来を活写する。

この記事を書いたコンサルタント

赤澤 隆

専門分野

業界的にはIT全般、電気・電子業界、職種的には営業企画・マーケティングなどの企画関連

このコンサルタントの詳細を見る
外資系企業、国内上場企業、ITベンチャーまで様々な企業形態・規模での経験があり、それぞれのカルチャーや職場の雰囲気、「ヤリガイ」などについても自分の経験 からアドバイスできます。
業界的にはICT全般、電気・電子業界、職種的には営業(法人/個人)企画、マーケティング、広報、商品企画、広告宣伝、経営企画といった企画畑に一貫し て携わってきました。
採用に関するご相談がございましたら
お気軽にお問い合わせください

転職支援サービスへの登録、利用はすべて無料

キャリア相談もお気軽にご相談ください。

無料転職支援サービスに申し込む
TOPへ