面接官はあなたの”答え”と”答え方”を観ている!面接官はあなたの”答え”と”答え方”を観ている!

コラム

面接官はあなたの”答え”と”答え方”を観ている!

2016.03.17

転職活動をされている方(以下「候補者」)にとって、企業との面接は、最も

重要な場面であり、それ故に最もストレスを感じる場面とも言えるでしょう。

 

私はよく、

”歌は3分のドラマ、面接は1時間のパフォーマンス”

と、候補者の方に言ったりしています。

 

面接は、正に一回一回が一発勝負であり、それが何回かに渡って行われる選考

は、さながらトーナメント方式とも言えるプロセスですね。自分をどうアピール

し、どのような印象を面接官の頭に刻みたいのか、、、

 

そんな面接ですが、候補者の方からはよく、当該企業の面接では、

”どんな質問が出るでしょうか?”

と尋ねられます。

 

そこで、過去にその企業の面接を受けた方から集めた質問事例をデータとして

紹介し、回答を予め考案しておいていただいたりします。

 

ここで、とても重要なのは、

回答そのものも大事ですが、その回答の仕方も同じ位に大事

であるということです。

 

回答内容ばかりに気を取られず、如何にその回答を相手に正確に、かつ効果的に

伝えるかが大事になります。

 

そこで、 ”この方は経験・スキルは良いが、受け答えに難がありそうだな、、”

と感じた方には、”答え方”のアドバイスを行うようにしています。

 

主なアドバイスのポイントとしては、

・相手の目を見て話す

・結論を先に言う

・ポイントを絞って話す

・明るく、快活に話す

というような点ですが、

 

最も注意して欲しい事として、

 ”話し過ぎて要領を得ず、結果的に何を言いたいのか伝わらない”

ということにならないように気を付けて欲しいという事です。

 

特に、自分の答えに自信の無い方は、相手の様子を見ながら、言葉を足し勝ち

になってしまいます。

”あれっ! 納得してもらっていない感じだなー”

”あれっ! 自分に興味持っていない感じだなー”

などと自分で勝手に判断し、挽回しようと、次々に言葉を足していくように

なります。

 

その結果、段々と冗長になり自分で自分の首を絞めるような結果になり兼ねません。

 

ポイントを絞って答えを簡潔に述べ、それに対してさらに聞きたいことがあれば、

相手から聞いてくる、、という位に構えて堂々としていましょう。

 

もう一点大事なことは、面接時間管理のイニシアティブは相手側にあるという点

です。概ね面接時間は1時間程度が多いですが、その時間内に面接官は確認した

い全ての事柄をあなたから引き出さないといけないわけです。面接官が複数いれ

ばさらに時間管理は大事になってきます。

 

あなたが、自身をよく見せたいが故に、どんどん話し、面接官が聞きたいことが

十分聞き出せない、、、という状況は避けなければなりません。

 

面接官はあなたの ”答え” と ”答え方” を観ている!

 

是非、頭の隅に置いておいてくださいね。

佐藤 徹次

佐藤 徹次

専門分野専門分野はSIer, NIerと呼ばれるICT業界全般とユーザ企業内の情報システム部門

情報通信(ICT)業界にて約30年の実務経験とカウンセリングのスキルを磨いてキャリアコンサルタントへ。
転職希望者の方の”思い”に耳を傾けるよう心掛けています。 単なる条件の摺合せにとどまらず、求職者の方と求人企業様の双方の”思い”をマッチングすることを心がけています。

佐藤 徹次の最新キャリアコラム 佐藤 徹次のおすすめ求人 佐藤 徹次担当の転職体験談