IoTとセキュリティIoTとセキュリティ

コラム

IoTとセキュリティ

2016.02.18

<ネットワークとセキュリティ業界での転職ならお任せください。>

A・ヒューマンの佐藤徹次です。

 

”IoT(Internet of Things)”

この言葉がIT雑誌に載らない日は無いですし、既に社会の”流行語”と

化したような様相ですねー。

 

パソコン以外のデバイスがインターネットに繋がる、、、

テレビや冷蔵庫等の家電製品、銀行ATMやPOS端末、自動車、ロボット

そして各種センサー等々、、、まさにあらゆるデバイスがインターネット

に繋がる、、、

iPhoneなんて、知らず知らずに意識しないまま、IoTの象徴的なデバイス

に成ってしまっているとも言えますね。

 

いずれ、IoTによって数十億、数百億台のデバイスがインターネットに

繋がる言われています。

 

想像するだけで、飛躍的に生活が便利になり、ビジネスとして見ても莫大

な期待が持てそうです、、、

 

しかし、どんなものでも”陽”の面があれば、”陰”の面があります。

 

その大きな”陰”の要素の一つが ”セキュリティ” の問題です。

 

パソコン等の元々ネットに繋げて使う機器のセキュリティの問題は

コンピュータウイルスや最近の標的型攻撃等でずっと話題にはなって

いましたが、ちょっと前からは、何気にネット接続が当たり前にな

りつつある複合機等のセキュリティが問題になったのは記憶に新しい

ところですね。

 

しかし、これからはもっと様々な機器やデバイスがネットワークに

繋がってきます。それらのデバイスとやり取りするデータが盗まれ

たり、いじられたりすることを考えると、背筋がぞっとする のは

私だけではないと思います。 

 

例えば、ロボット、、、

産業用ロボット、介護用ロボット、接客用ロボット、、、

(九州の大きなテーマパークのホテルで本格導入検討が決まったとか、、)

等々、、、そして究極は、戦争用ロボットでしょう。

 

要するに、生身の人間に代わって、嫌な作業、大変な作業、汚い作業

危険な作業のためにロボットがどんどん使われていくわけです。

 

そのロボットとやり取りするデータが何らかの意図でいじられたら

どうでしょう、、、

 

パソコンはセキュリティ問題で誤動作しても人を殴ったりはできま

んよね。しかし、ロボットは人間と同じように手足を持ったり、

時には、人間にはない”武器”を持ったりするかもしれません。

誰かの悪意によって誤動作したら、、、怖いですよねー。

(ちょっと誇大妄想でしょうか???)

 

ですから、IoT化する世界に向けて、セキュリティエンジニアの仕事

はどんどん増えることはあっても減ることはまったく無い断言でき

るでしょう。

 

あー、今日もクライアント企業さんから、

”佐藤さん、セキュリティエンジニア急募でお願いします”

と言われ奔走しています(笑)。

佐藤 徹次

佐藤 徹次

専門分野専門分野はSIer, NIerと呼ばれるICT業界全般とユーザ企業内の情報システム部門

情報通信(ICT)業界にて約30年の実務経験とカウンセリングのスキルを磨いてキャリアコンサルタントへ。
転職希望者の方の”思い”に耳を傾けるよう心掛けています。 単なる条件の摺合せにとどまらず、求職者の方と求人企業様の双方の”思い”をマッチングすることを心がけています。

佐藤 徹次の最新キャリアコラム 佐藤 徹次のおすすめ求人 佐藤 徹次担当の転職体験談