ビッグデータ その1ビッグデータ その1

コラム

ビッグデータ その1

2015.12.17

お久しぶりです、赤澤です。
IT/情報通信業界のコラム(以前はBizマガジンといっていました)が、一年ぶりに再開となりました。

この一年で就業環境はますます良くなる傾向にあり、IT・情報通信の求人も増えて、弊社のITチームのキャリアコンサルタントも2名増員となっております。
これからもよろしくお願いいたします。

さて本日ですが、先日読んだ本について書いてみたいと思います。
その本とは『ビッグデータ・コネクト』という小説です。

今のITのトレンドとして、ビッグデータ・AI・IoT・フィンテック…色々とあると思いますが、まさにその世界をリアルに描いています。
それもそのはず、著者の藤井 太洋さんのご経歴は「IT会社に勤務しながらiPhoneで小説を執筆。2012年7月26日、電子書籍によるセルフ・パブリッシングで『Gene Mapper -core-』を発表。同作はAmazon.co.jpの「2012年Kindle本・年間ランキング小説・文芸部門」で1位を獲得」。

まさにIT業界の方が書いた今を往く小説で、架空のミステリー小説とはいえ現実感は半端ありません。
我々のようなIT業界経験者も、「へーそうなの」と思うことも多々あります。

ストーリーを紹介するのは野暮なのでさわりだけですが、実在する企業・事件を示唆する記述もあり、ナカナカです。
ご興味のある方はどうぞ。

京都府警サイバー犯罪対策課の万田は、ITエンジニア誘拐事件の捜査を命じられた。 協力者として現れたのは冤罪で汚名を着せられたハッカー、武岱。 二人の捜査は進歩的市長の主導する行政プロジェクトの闇へと…。 行政サービスの民間委託計画の陰に何が? ITを知りつくした著者が描くビッグデータの危機。新時代の警察小説。
column_151217

●著者:藤井太洋
●タイトル:ビッグデータ・コネクト
●出版社:文藝春秋/文春文庫

赤澤 隆

赤澤 隆

専門分野業界的にはICT全般、職種的には営業企画・マーケティングなどの企画関連

外資系企業、国内上場企業、ITベンチャーまで様々な企業形態・規模での経験があ り、それぞれのカルチャーや職場の雰囲気、「ヤリガイ」などについても自分の経験 からアドバイスできます。
業界的にはICT全般、職種的には営業(法人/個人)企画、マーケティング、広報、商品企画、広告宣伝、経営企画といった企画畑に一貫し て携わってきました。

赤澤 隆の最新キャリアコラム 赤澤 隆のおすすめ求人 赤澤 隆担当の転職体験談