日本発のグローバルIT企業 -その3-日本発のグローバルIT企業 -その3-

コラム

日本発のグローバルIT企業 -その3-

2014.02.20
最近、M&Aによりグローバル展開を加速している企業といえば、まずソフトバンク社でしょうか。

昨年、米国モバイルNo3のスプリントを約1兆8000億円で買収し、 今また同No4のTモバイルを買収に向けて交渉中とのニュースが出ています。

IT企業による海外M&Aは振り返ってみると、10-20年ほど前に一つのピークがあり、 当時i-modeで飛ぶ鳥を落とす勢いだったNTT Docomoが世界各地の通信キャリアを傘下に 収め、またNEC、富士通といった大手IT企業も様々な地域でM&Aを行っていました。

現在は少し円安傾向にあるとはいえ、「強い円」による海外企業の買収は マーケット・顧客・時間を買うというで考えれば良いタイミングといえるようです。

昨今M&Aに積極的な企業は、もう一社楽天社が挙げられるでしょう。

rakuten_eco_sysytem

同社は日本最大のECサイト楽天市場をサービス提供する、 日本のネット企業の雄です。 それ以外にもネットサービスの裾野は幅広く、金融、通信、旅行といった 諸サービスを連携させた「楽天経済圏」という構想を創り上げています。 このビジネスモデルを海外展開するということから、近年M&Aや提携に 注力しています。 直近では「無料対話アプリ(応用ソフト)を展開するバイバー・メディア(キプロス)を 9億ドル(約920億円)で買収」という発表がされました。

この報道に対して、マーケット(株式市場)では10%安といったネガティブな 反応も出ています。 これは、過去同社が買収した、電子書籍のKoboや欧米の大手ECサイトなどの 事業がまだ収益に貢献できていないといったこともあるようです。

ただこういったグローバル展開を進めるための、優秀な人材強化ということでは、

積極的な動きが続いています。

先週同社の人事部門の方にお話を伺う機会がありましたが、編成部というネットサービス

を横断・俯瞰する部門だけでも50名超の中途採用を予定されているとのことでした。

そんな求人の一つ「(グローバル)Webディレクター」求人を以下に掲載しています。

日本のインターネットサービス企業で、グローバルで働いてみたいという方、 是非チャレンジされてください!!

赤澤 隆

赤澤 隆

専門分野業界的にはICT全般、職種的には営業企画・マーケティングなどの企画関連

外資系企業、国内上場企業、ITベンチャーまで様々な企業形態・規模での経験があ り、それぞれのカルチャーや職場の雰囲気、「ヤリガイ」などについても自分の経験 からアドバイスできます。
業界的にはICT全般、職種的には営業(法人/個人)企画、マーケティング、広報、商品企画、広告宣伝、経営企画といった企画畑に一貫し て携わってきました。

赤澤 隆の最新キャリアコラム 赤澤 隆のおすすめ求人 赤澤 隆担当の転職体験談