転職を考え始めたら(1)転職を考え始めたら(1)

コラム

転職を考え始めたら(1)

2015.11.27

はじめまして。
コンサルタントの岡尾です。

「好きな仕事を探すより、目の前の仕事を好きになることが大事だ」
父が2回目の転職を検討している私に言った言葉。

皆さんの中にも聞いたことがあるという方がいらっしゃるのではないでしょうか。
誰か歴史上の人物の言葉として記憶していましたが、調べてみても出てこない…。
ご存知の方がいらっしゃいましたら教えてください。



column_151126_01  話を戻すと、26歳の時に初めての転職をし、希望に胸を膨らませていたものの、
 入社3ヶ月で脆くも打ち砕かれ、直ぐに転職を考えるに至っていました。
 ダメダメですね。
 ですが今振り返っても今までで一番辛く、悩んだ時期でした。

 子細は省略しますが、その時は、原因は全て自分自身にあること、
 転職してもまた同じことが起こり得るということに気づき、
 決意をもって踏みとどまることができました。

 1年後には、その仕事を「好き」になった、とまでは言いませんが、
 上司・先輩にも恵まれたと思えるようにはなっており、
 あの不平不満はどこに行ってしまったのかと不思議に思いました。



スティーブ・ジョブスも仕事について、

「すばらしい仕事をするには、自分のやっていることを好きにならなくてはいけない。
まだそれを見つけていないのなら、探すのをやめてはいけない。」
と言っています。

目の前の仕事に正面から向き合い、努力し、それでも好きになれないのであれば、
転職するのが良いと私は解釈しています。


何を申し上げたいかというと、確かに辛く面白くもない仕事よりも、
自分に合った、自分が好きだと思える仕事ができるほうが良い。
ただ、実際に最初からそのような仕事ができているのはほんの一握りの方だけで、
ほとんどの方が目の前の与えられた仕事をする中でその仕事を好きになっているのだと思います。

だからこそ、転職を考え始めたら、
今の仕事を辞める気持ちで出来ることはないか、
やり残したことはないかと今一度考えてみていただきたいのです。


転職はそれからでも遅くはないのではないでしょうか。

岡尾 直紀

岡尾 直紀

専門分野外資系、国内系企業問わずIT業界全般

外資系IT企業やインターネットベンチャー企業を経て、キャリアコンサルタントに転身。大手企業のみならず、事業フェーズや業界内でのポジション、共感できるビジョンなどを大事に、 個人的にも興味を掻き立てられる企業の紹介に注力しています。

岡尾 直紀の最新キャリアコラム 岡尾 直紀のおすすめ求人 岡尾 直紀担当の転職体験談