大山詣

2020.06.09
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちは。長らくのご無沙汰です。

 

昨年の秋より色々な出来事がありまして、あまり気分が乗らなかったというのが実情です。

昨秋に2歳上の実姉が他界して大変なショックを受けたのは大きかったです。姉は、私が足元に及ばないほどの酒豪で、どんなに飲んでも二日酔いをしたことがないと豪語していたのですが、ある晩に義理の兄(姉の主人)と近所の居酒屋を2軒梯子して、気分良く帰宅して入浴した際に心筋梗塞を起こしたようでそのまま永眠してしまいました。社交家で、面倒見が良かったため、葬儀も大勢の方に参列していただきました。今から思うと、やはり無理(痛飲)はどこかで帳尻が合ってくるのだということで私も遅ればせながら酒の量をコントロールし始めております。

 

私自身は、炭水化物ダイエットを4年前からやっていて体重のコントロールは比較的できていたものの、平熱が35度台に低下していたためか体調を崩してしまい、普段の食生活に戻しました。何事も過ぎたるは及ばざるが如しですね。

 

新田義貞進撃路

(新田義貞進撃路)

そんな中相変わらず日曜日の散歩は続けているのですが、普段のコースではマンネリ化しつつあったので、大山街道(赤坂~青山~三軒茶屋~瀬田~二子玉川~溝の口~長津田~厚木~伊勢原~大山)の歩き旅を5回に分けてやりました。といっても普段の散歩の延長なので、我が家は二子玉川からのスタートです。基本的に都度自宅に戻って来なければならないため、田園都市線、相模鉄道、小田急線の駅を区切りにして、翌週の日曜日にまた戻ってスタートする方法を採りました。

 

 

 

 

 

 

 

 

訪ねて楽しい大山街道

(訪ねて楽しい大山街道)

この旅を始めたのは、高津駅と溝の口駅の中間辺りにある「大山街道ふるさと館」という施設に入館した時に、「訪ねて楽しい大山街道」なる本を購入してきたのがきっかけです。旧道のルートが現在の道路事情に合わせて記載されており、途中の立ち寄りポイントやコンビニの位置まで記載されていて大変参考になりました。因みに、YouTubeでも同じようなことをやった方が動画をアップされているので、時間のない方は見られてはいかがでしょうか?

 

 

 

 

 

 

結局110キロ強歩いて5週間もかかってしまいました。

今週の日曜日がゴールだったのですが、最後のスタートポイントの小田急線の愛甲石田駅まで行くのに自宅からバス・電車で1時間近くかかり、ずいぶん遠くまで歩いたものだとしみじみ思いました。

下鶴間宿

(下鶴間宿)

基本的に国道246号線に沿っての移動になりますが、途中に何か所か宿場町(二子溝口宿、荏田宿、長津田宿、下鶴間宿、国分宿、厚木宿、愛甲宿、糟屋宿)があり、江戸時代の風情を思い出させる建物も残されていて歴史の勉強になりました。

 

また、古今の著名人の足跡などが何か所かありました。例えば二子新地には岡本太郎の母親の岡本(旧姓大貫)かの子(大正、昭和期の小説家、歌人)の実家(地元の大地主だったそうです。)の跡、下鶴間には伊能忠敬の宿泊した家、時代は少し遡りますが、新田義貞公が鎌倉幕府を攻めた時の戦の跡地、渡辺崋山が少年期に世話になったお銀さんという方を訪ねて赤坂から歩いてきた足跡、江戸城を建てた太田道灌の墓などですが、ちょっと地味ですね。でも、江戸時代の旅人が歩いた道を踏んでいると古の人々の笑い声や息遣いが聞こえてくるようで、とても楽しい旅ではありました。

 

そういえば四日目に相模鉄道のかしわ台駅から小田急線の愛甲石田駅まで歩いたのですが、電車に乗ろうと思ったら定期券他を落としたことに気づき、どこで落としたかも皆目見当が付かず、顔面蒼白になり藁にもすがる思いで駅の交番に届け出たところ、当日の夕方に見つかったとの連絡が入り自分の運の良さに改めて気づくとともに、拾っていただいたご芳名の分からない海老名市民の方(お礼はいらないと届けられたようです。)に感謝しました。やはり他人には優しくしなくてはいけないと再認識を致しました。

 

コロナ禍で大手金融機関の採用がかなり絞られて厳しい状況が続いておりますが、そんな中で、メガバンクの一角が5年ぶりに大量の求人を出されています。ストライクゾーンはかなり絞り気味のようですが、HPにも記載しておりますので、覗いてみてください。恐らく、信託銀行や系統金融機関の方がフィットしやすいかと思います。

 

以上

この記事を書いたコンサルタント

メインのキャリアは大手日系・外資系投資銀行における10年に及ぶ円金利商品の金融法人向けセールス。
その他、リテールセールス、キャピタルマーケット、不動産証券化、ヘッジファンドなど金融における幅広い実務経験を有する。
ご本人にとっての転職の是非を含め最善の道をご提示します。いただいた求人案件も、本当に良い案件なのか吟味してから
良い点、そうでない点を整理してご紹介しております。
採用に関するご相談がございましたら
お気軽にお問い合わせください

転職支援サービスへの登録、利用はすべて無料

キャリア相談もお気軽にご相談ください。

無料転職支援サービスに申し込む
TOPへ