真田丸ロスです真田丸ロスです

コラム

真田丸ロスです

2016.12.21

こんにちは。

年末でご多忙かと思いますが、いかがおすごしでしょうか?

日はどんどん短くなりますが、早朝もまだそれほど寒くはないので通勤は楽だと思うのはわたくしだけでしょうか?

本日12月21日は冬至だそうです。今晩はゆず湯にでも入りたいですね。

 

終わってしまいました・・「真田丸」。

私も「真田丸ロス」気味です。
(逃げ恥は残念ながらスルーしてしまいましたが、「恋ダンス」のアメリカ大使館バージョンは拝見しました。)

平均視聴率は16.6%。ここ5年間では、最高だったようですが、当時人気絶頂だった福山雅治の龍馬伝(2010年)は、18.7%でした。

Sanko-jinja_Sanada-Yukimura

三光神社(大阪府大阪市) 真田幸村像

FBで「大河ドラマ 真田丸」というサークルに参加しているので、普通の方よりは番組の裏情報などに精通していると思いますが、堺雅人さんは早くもスピンオフ番組の制作にかなり前向きなので、実現するといいなと個人的に思っております。

題材は九度山の幽閉時代ですかね?

 

「真田丸」でも(再)ブレイクした役者さんが結構出ました。

日本全国の茶の間の怒りを一手に引き受けた大蔵卿局役(茶々の乳母)の峯村リエさんや、最初は病身で頼りなかったのに正妻が登場してから気丈にふるまった信幸の妻・こう役の長野さとみさんなどは初めてお目にかかった俳優さんですが、何と言っても今回は草刈正雄さんの再ブレイクじゃないですかね?

今を遡ること7-8年前に一度、成城学園の庶民的な焼鳥屋さんで、お見かけしたことがありましたが、その当時はNHKの「美の壺」に出演されていたものの、他に目立った役柄とかはなかったので、「最近どうされているのかな?」と思った記憶がありますが、今や丹波哲郎さんの後を継いで立派な「お館様」真田昌幸の代名詞になってしまったので、人間ひとつのことを真面目に突き詰めていたら60歳過ぎても何があるか分からないですね。

恐らくいつ大役が来てもいいように日頃から準備だけは怠っていなかったのでしょう。

因みにお会いした時に、頭部を黄色のバンダナで全部覆っておられましたが、「?」という疑惑は未だ解明されておりません。

長野、群馬はそれなりに史跡を訪れたので(2016.05.18参照)、中々関西方面に行くチャンスはないものの、もし機会があれば九度山や真田丸跡他大阪の陣で合戦があった場所に是非訪れてみたいと思っております。

でも、今回の井伊直虎は見るかどうかまだ自信はないです。柴咲コウさんは自分にとってニュートラルな俳優さんでして。

 

ところで本業の話です。

アメリカ大統領選当日の底値から日経平均は3000円程度上昇しました。

年末に各金融機関へ求人状況を改めて確認しましたが、機関投資家はこのラリーについていけてないところが多く、法人向けはあまり収益が上がっていないようです。ただ、一部の外資系は日本の金融機関のドルファンディングの手伝いで、相当利益を出している節が見られます。

またリテールも個人投資家の手の内は良くなってはいるのですが、投信の回転売買ができないため、それほど収益は回復していないとのこと。
そもそも、円安・株高をかなり懐疑的に見ている方が多いようで、様子見が多いです。

 

2月に入ると来期の人員計画が始まるので、大まかな方向性が見えてくるかもしれませんが、あまり楽観視はしておりません。

むしろ、電通への労働基準監督署の立ち入りで、恒常的に残業時間の多い投資銀行部門を中心に人員を増やす計画を立てている会社が何社かあるものの、どれだけ選考基準が緩和されているのかは、推薦してみないと何とも判断できません。

ボーナス時期が過ぎても、転職希望の候補者はパラパラでる程度で、特に投資銀行部門は本業が忙しいせいかほとんどお目にかかれません。

なので、個人的にはITの求人案件や、ニッチなスペシャリスト案件を追いかけている状況です。

候補者が少ない時は、我々も案件の幅を広げて超広角打法でやらないと得点できないのですが、一方でコンペティターが少ないため、良い候補者がいれば直ぐに決まることもあり、いかにして良い候補者に巡り合えるかということに神経を尖らせております。

我々エージェントにとって最も大事なのは「候補者の引きの強さ」ではないか?という持論を持っておりますもので。

 

今回は、新規クライアント案件です。

金融ソリューション事業会社で、オペレーティングリースのフロント・ミドル担当を大募集しております。

同社は業績絶好調で業務多忙による増員募集という、今時金融業界では珍しい案件です。

年齢は不問ですので、40歳後半以上の方大歓迎です。

最大のポイントは定年がないので、実力のある方は長く仕事ができることですね。(詳細・ご応募はコチラ→

 

では、良いお年をお迎えください。

岡田 英行

岡田 英行

専門分野証券

メインのキャリアは大手日系・外資系投資銀行における10年に及ぶ円金利商品の金融法人向けセールス。
その他、リテールセールス、キャピタルマーケット、不動産証券化、ヘッジファンドなど金融における幅広い実務経験を有する。
ご本人にとっての転職の是非を含め最善の道をご提示します。

岡田 英行の最新キャリアコラム 岡田 英行のおすすめ求人