ピカソより普通に花見が好き!ピカソより普通に花見が好き!

コラム

ピカソより普通に花見が好き!

2016.03.18

こんにちは。お元気ですか?

もう桜の開花も秒読みになってきましたね。
東京は今週末とのこと。

今年もキンキンに冷えた日本酒を持って犬(本人は大迷惑?)連れで近所の公園にて花見をしたいと思っております。

photo0000-4234毎年そのような些細な行事を重ねることで、
今年も無事に桜を見ることができたと安堵するのが密かな幸せです。

 

 ところで、先日はグーグルの開発した囲碁の人工知能「アルファ碁」と世界トップ級の韓国の李九段が対戦して、アルファ碁が4勝1敗したとのニュースが流れました。

この記事で私は、古代ローマ時代にコロッセウムで猛獣と戦わせられた剣奴(グラディエーター)を思い出してしまいました。

今後人工知能によるチェスや、碁、将棋などのプログラムはさらに発展するでしょうが、この期に及んで人間のプロ同士の棋士の戦いを人々が見たいと思うのか非常に疑問です。

むしろ、各社のプログラムした人工知能同士の戦いの方がゲーム世代には受けるでしょうし、人工知能に人間がボコボコにされるのを見たがるサディスティックな連中も出てくるのではないか?と思っております。

そうなると、プロの棋士という職業は一部を除き瞬く間に消えてしまう可能性が高いと思われます。

このようにして、今後職業がどんどん消滅していくのでしょうね。

 

 ちょうど1年前にも、この欄で挙げましたが2045年と言われているシンギュラリティ(本来の意味は特異点であるが、最近はコンピュータ技術や生命科学などの進歩でこれまでの世界とは全く異なる不連続な世界が現出されることを指す。簡単に言うとコンピュータの知能が人間を超越すること)が前倒しで起こる可能性も十分あるのではないでしょうか?

 メモリ領域に格納された人間があらかじめ設計したプログラムを実行する現状のノイマン型コンピュータではなく、人間の神経細胞(ニューロン)のようなものをコンピュータ上に再現して、ニューロンの情報がシナプス(神経細胞間の結合)を介して他のニューロンに伝達するというニューロコンピュータが、人間の脳と同等の140億個以上のニューロンを持った場合、人間よりも知的な存在になってもおかしくない。

その時には、50%程度の人間が失業状態になっているらしいので、当然、人材紹介のビジネスもかなり縮小もしくは、無くなっているかもしれない。

ただ、人工知能を完備したロボットが、農業や工業、建築業でも大活躍しているので、人件費はかなり低下して、今ほどお金が必要でもなくなり生活コストは安いものの、その時我々人類は何を糧に生きていくのでしょうか?

人間の平均年齢は100歳位になっているそうですが、そんなに長生きするほど世界の年金制度は盤石なのでしょうかね?

 

 恐らく、そのタイミングまでには現在のような極端な貧富の差は戦争か何かで是正されていて、資本主義に代わる新しい経済システムが出現しているのでしょう。

国家という統治スタイルがかなり緩やかになっていて、グーグルやアップル、フェイスブックなどの民間のIT産業が膨大な個人データのもとに独自の経済圏を築いていて独自通貨を発行しているのでしょうか?

日本では、楽天がそのような独自の経済圏を作ろうとあらゆるビジネスに取り組んでいます。

 

 当然その時私はこの世にはおりませんが、そのようなことを空想するのはとても好きです。

どなたか、面談の際にでも一度話を振ってみてください。

一緒に考えてまいりましょう。

 

案件です。
某金融機関より▼海外ビジネスの経営企画案件が来ております。
面白そうな仕事だと思います。

 

岡田 英行

岡田 英行

専門分野証券

メインのキャリアは大手日系・外資系投資銀行における10年に及ぶ円金利商品の金融法人向けセールス。
その他、リテールセールス、キャピタルマーケット、不動産証券化、ヘッジファンドなど金融における幅広い実務経験を有する。
ご本人にとっての転職の是非を含め最善の道をご提示します。

岡田 英行の最新キャリアコラム 岡田 英行のおすすめ求人