Unforgettable day~商品戦略の案件Unforgettable day~商品戦略の案件

コラム

Unforgettable day~商品戦略の案件

2015.11.17

 もう10数年前のこと。

 9月のとある水曜日の早朝4時、釣りに行くため三浦半島の佐島に車で向かっていた。ウィークデーにもかかわらず。
 当時在籍していた外資系証券の東京支店の幹部が大挙してニューヨークでのカンファレンスに出席するため、今日は午前中に成田から搭乗するため不在の予定で、鬼の居ぬ間に洗濯とばかりの釣行であった。

 こういっては何だが、意外に小心者で根は真面目?なため、それまで会社をずる休みすることは皆無だったが、その頃は会社から主要アカウントを抜かれて青息吐息の状態で、精神的にもかなり追い込まれており、半分自棄になっての自主休暇であった。
 実際にその4か月後には退社することになったのだが。

 車には、スヌーピーの頭の形の取手のふたを開けると犬の鳴き声がする簡易式のごみ箱が積んであったのだが、後部座席から転げ落ちたのか、第一京浜に乗ってから30分以上鳴いている。
高速道路の運転中なので直すわけにも行かない。
 しかし、嫌な気がする。虫の知らせか?

column_151117

 そうこうしている内に5時に漁港につき、受付を済ませようとなじみの船宿に入った。
NHKのニュースが放送されていたが、宿の様子が緊張しているようで、何かおかしかった。
画面を見ると、3年前に出張で訪れたニューヨークの貿易センタービルが崩れる光景を見て、泣き叫んでいる市民の映像が流れていた。

 そう、その日は2011年9月12日(アメリカは9月11日)であった。

 「まずい!!」
 その日は朝3時起きのため、前日は夜の9時には就寝して、ニュースを全く見ていなかった。
 一応マーケットの関係者なので、市場のボラティリティの低い日を選んだつもりだったが、この状況では当然マーケットは大荒れで、顧客からの電話対応に追われるため、同僚に迷惑を掛けてしまう。

 出船を断念して船宿を出たのが5時15分。
普段は自宅まで1時間20分掛かるのだが、ウィークデーの早朝だったこともあり道路が混んでなかったせいか(あとは想像に任せます)、自宅に着いたのが6時。
慌ててスーツに着替えて、そのまま車(トランクには釣り道具が満載だったが)で出勤して、会社に着いたのが6時半。
いつもと同じ時刻に何食わぬ顔をして出社した。
 成田から出国予定だった幹部諸氏が予定したフライトがすべて運航中止になり出勤してきたのは言うでも無い。
危機一髪だった。

 そういえば、遡ることひと月前に、本社から社員宛てに変なメールが届いていたのを、その時思い出した。
「近々、アメリカの大使館か軍事施設など関連施設が何者かによって攻撃される恐れがあるので、社員は十分に注意すること」いう趣旨だった。
 出所はどこか分からないが事前に何らかの情報を掴んでいたのだろう。



 あれから14年。
またフランスでテロが起きて100名超の方が亡くなった。
13日の金曜日に事件を起こすのは、いかにも宗教戦争をイメージさせたかったのであろう。
テロの犠牲で亡くなった方のご冥福をお祈りする。

 ただ、シリアやイラクなど日本人となじみのない国でもイスラム国によるテロが起きているのに、騒がれないのは西側諸国偏重の我が国の報道機関の限界なのだろう。

 また、何故このようなことが起きたのか?ということに関しては慎重に考えなければならない。
容疑者の一人が、直近に難民としてフランスに入国した疑いがあるそうだが、その難民が発生する大元の原因を作ったのはいったいどこの国なのか?
 ボタンのかけ違いは、既に十字軍の頃に端を発していて、もう修復不可能と思えるほどの殺戮という名の粉砕骨折を起こしているので、残念ながら、このまま争いは永遠に続くのだろう。
 キリスト教もイスラム教も、それぞれの良さはあるのだろうが、一神教という性質上、異教徒は認めないという発想が根本にあるため、解決のしようがない気がする。

 ただ、各々の宗教の創始者が生きていた古代の世界に「キリスト教だ。」「イスラム教だ。」と叫ぶのならいざ知らず、これだけ情報が瞬時に世界中に伝わってしまい、尚且つ同じ国で共存している時代に、そんなことを主張しあって何になるのだろうか?
 日本の憲法でさえ、70年を経過して時代に合うか合わないかという議論が出ているのに、各々の宗教が1400年もしくは2000年を経て(勿論、時々の権力者によって解釈も変遷しているのだろうが)、異教徒を認めないというスタンスで良いのだろうか?と発想するのは、やはり八百万(やおよろず)の神の國で育った日本人である私だけなのだろう。

 これから世界情勢はますます混迷の度合いを深めていくことになるのだろう。
日本でのテロもますます警戒しなければならない。
911の起きた日に釣りに行こうとしていた、平和な時代の自分にはもう戻れない気がする。
…勿論ずる休みはいけませんよ、私は結果的に未遂でしたから(笑)



 案件です。
日系証券で▼商品戦略部長の案件が来ております。
50歳まで可です。

 因みに、先日ご紹介したエクイティ・アナリストの案件(2015.10.07)は、弊社からご紹介することができました。
ご協力ありがとうございました。

岡田 英行

岡田 英行

専門分野証券

メインのキャリアは大手日系・外資系投資銀行における10年に及ぶ円金利商品の金融法人向けセールス。
その他、リテールセールス、キャピタルマーケット、不動産証券化、ヘッジファンドなど金融における幅広い実務経験を有する。
ご本人にとっての転職の是非を含め最善の道をご提示します。

岡田 英行の最新キャリアコラム 岡田 英行のおすすめ求人