『働く発達障害の人のキャリアアップに必要な50のこと』(弘文堂)が刊行されます『働く発達障害の人のキャリアアップに必要な50のこと』(弘文堂)が刊行されます

コラム

『働く発達障害の人のキャリアアップに必要な50のこと』(弘文堂)が刊行されます

2018.11.15

障害者雇用担当コンサルタントの石井京子です。

 

厚生労働省発表の『平成29年ハローワークにおける障害者の職業紹介状況』でも精神障害者の就職件数は4万5064件(8.9%増)と近年増加の傾向が続き、この数字の中には発達障害のある人も含まれています。

以前は「発達障害という言葉は知っていても、具体的にはよく知らない」という職場が大多数でした。

近年では、発達障害についての基本的な知識はもちろんのこと、どのような配慮を提供したらよいか、具体的に知っている人も増え、発達障害のある人の就労の環境は大きく変化してきています。

 

このように発達障害のある人たちの就労が進んできたことは喜ばしいことですが、一方で、すでに就職してから数年が経過した人の中には、日々の仕事をこなすだけで精一杯で、キャリアップをしたくともどのようにすればよいかわからない人も少なくないように思います。

また、職場では発達障害のある社員を成長させるための取り組みが、まだ未整備であるかもしれません。

 

そこで、弘文堂の発達障害と就労シリーズ第10弾の集大成として、キャリアアップを応援するために『働く発達障害の人のキャリアアップに必要な50のこと』を刊行することになりました。

本書が一般就労、障害者雇用枠での就労を問わず、就業中の発達障害のある人が自分のキャリアを見つめなおし、モチベーションを持ち続け、さらなる成長を目指すための何らかのヒントとなることを願っています。

石井京子、池嶋貫二、榎本哲、林哲也, 『働く発達障害の人のキャリアアップに必要な50のこと~発達障害の人の就労支援シリーズ』, 弘文堂,2018/11/19

石井京子、池嶋貫二、榎本哲、林哲也,
『働く発達障害の人のキャリアアップに必要な50のこと~発達障害の人の就労支援シリーズ』,
弘文堂,2018/11/19

 

書店や、アマゾン等のネットショップで販売されていますので、
ご興味、ご関心のある方はぜひご注文ください。
⇒出版社の紹介ページはコチラ

『発達障害のある方と働くための教科書』(日本法令)も好評発売中!

石井 京子

石井 京子

専門分野障害者雇用全般、全職種。

障害者専門の人材紹介事業に創設期より参加。
複数の人材サービス会社に所属し、東京、大阪、全国の主要都市で活動。
これまでの人的ネットワークと知識、経験から、業種、職種を問わず、障害のある求職者の皆様のキャリア相談全てに対応いたします。

石井 京子の最新キャリアコラム