最新刊『発達障害の人の雇用と合理的配慮がわかる本』が発売されます!

2020.05.27
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

障害者雇用担当コンサルタントの石井京子です。

近年、障害者雇用の中で、発達障害のある人の雇用が進んできました。また、障害者差別解消法の施行により、行政機関や民間企業に対して、「障害のある人への差別的取り扱いの禁止」と「合理的配慮の提供義務」が課せられるようになりました。

 

しかしながら、すべての職場で発達障害が十分に理解されているとは言えず、彼ら・彼女たちはそれぞれの職場で戸惑ったり、困ったりしていることが多いのです。秀でた能力を持つ人たちも多いですが、一方で体力やマルチタスクなど、見た目からはわからない苦手さを持つ人も少なくありません。

そこで、発達障害のある人の支援に関わる方々、一緒に働く方々の知識と理解のヒントとなればと思い、本書を上梓しました。

 

「新刊急行ベル」に選定されました。

多くの図書館に書籍を納品する図書館流通センター(TRC)には「新刊急行ベル」(通称・ベル)という発売後に入手が困難と予想される書籍を一定部数買い切って、図書館に定期的に送品する仕組みがあります。このシステムは、24人の委員で構成する「新刊情報による選書委員会」(主催・図書館振興財団)という組織で、現役の図書館長や司書、大学教授などの専門家が集まり、出版社から提供された近刊情報を基に、投票制で図書館に置くべき新刊書を選定しているそうです。

この度、最新刊『発達障害の人の雇用と合理的配慮がわかる本』がベルに選出されて、全国の図書館で発売日と同時に装備されることになりました。

 

発達障害のある人への合理的配慮を考える際に人事ご担当者、一緒に働く方々の一助となれば幸いです。

『発達障害のある人の雇用と合理的配慮がわかる本』(弘文堂) 2020年5月29日発売!

書店や、アマゾン等のネットショップで販売されていますので、
ご興味、ご関心のある方はぜひご注文ください。
⇒出版社の紹介ページはコチラ

この記事を書いたコンサルタント

石井 京子

専門分野

障害者雇用全般、全職種。

このコンサルタントの詳細を見る
障害者専門の人材紹介事業に創設期より参加。
複数の人材サービス会社に所属し、東京、大阪、全国の主要都市で活動。
これまでの人的ネットワークと知識、経験から、業種、職種を問わず、障害のある求職者の皆様のキャリア相談全てに対応いたします。
採用に関するご相談がございましたら
お気軽にお問い合わせください

転職支援サービスへの登録、利用はすべて無料

キャリア相談もお気軽にご相談ください。

無料転職支援サービスに申し込む
TOPへ