エネルギー業界

昨今においては火力や原子力などの従来のベースロード電源に再生可能エネルギーが加わり、引き続き政府主導で電源多様化とベストミックスに向けた人材の流動が進むとみられています。

エネルギー業界そのものが大きな変革の時を迎えており、企業が募集する人材の必要条件やポジションについて多様化が進んでいます。企業側の採用意欲も高く、転職希望者にとっては望ましい状況にあると言えます。資格の有無によって職種の選択肢は必然的に増加し、電気主任技術者/電気工事施工管理技士等の資格取得者にとっては新たなキャリアを積める可能性が高いことが挙げられます。

また、プラント/設備保全の最適化や新電力システムに向けたスマートグリッドの拡大に即してIoTの開発構築に対応できるIT/コンサルティングファーム出身者へのニーズが顕著になっています。

転職支援サービスへの登録、利用はすべて無料

キャリア相談もお気軽にご相談ください。

無料転職支援サービスに申し込む

転職支援サービスへの登録、利用はすべて無料

キャリア相談もお気軽にご相談ください。

無料転職支援サービスに申し込む
TOPへ