建設・不動産業界

建設・不動産業界

建設業界は、2020年の東京オリンピック・パラリンピック関連の発注のピークを過ぎ、投資は前年度と比べ微増の状況です。バブル崩壊後やリーマンショックを経て、現在は景気回復や震災復興需要の工事量増で利益率が改善されたことを受け、大手・中堅各社は好決算を記録しております。

不動産業界は、都心部では大型施設の建設ラッシュが続き活況ですが、オリンピック需要を見込んだ要素が強く、終了後の業界動向には注視が必要です。また、既に地方で問題になりつつある人口減少への対策も必要となっております。

施工管理職は特に多くの募集があり、1級をお持ちの方は建築・電気・管・土木それぞれ幅広くご紹介させて頂きます。2級をお持ちの方やこれから取得予定の方も実務経験等でポテンシャル採用の企業様もございます。

建設・不動産業界へのご転職は、
専門コンサルタントへ
お任せください!

転職支援サービスへの登録、利用はすべて無料

キャリア相談もお気軽にご相談ください。

無料転職支援サービスに申し込む

建設・土木業界 転職マーケット動向

住宅系、ゼネコン系の建築士、建築施工管理技士、土木施工管理技士、電気工事士、電気施工管理技士、技術士など有資格者の需要があります。主に1級の資格者は、経験内容に伴いますが、比較的どの企業も人手不足となっています。また、2級の資格者は、ポテンシャル採用枠があり、将来1級を目指す前提の方は採用となる場合があります。20代の方は無資格者でも同業種経験が多少でもあれば採用されるケースがあります。

建設・土木業界 転職のアドバイス

1.共通する書類選考の基準(・転職回数と理由・仕事の経験内容・仕事のコアスキル・年収・転勤の有無・履歴書や職務経歴書の資料作成内容など)が主にポイントとなります。

2.共通する面接の基準(身だしなみや清潔感・言葉遣い・時間の厳守・面接時の受け答・質問に対する回答内容が明確で短く説明できるか・入社後どのような考えで仕事に取り組むか・応募動機や経験内容の説明に矛盾がないか・応募及び入社に積極性があるか・内定が出たら、入社予定日前に退職をして、入社準備ができるか、協調性をもって仲間と仕事に取り組むことができるかなど)があります。

3.年齢については、50代後半や60代の方は契約社員からのスタートが多いのも実情ですが、勤務態度、仕事の積極性、スキルなどの評価により正社員登用や契約社員でも長く働ける企業も多いので、雇用形態にあまり細かくこだわらない方が早期の転職に成功しています。

転職支援サービスへの登録、利用はすべて無料

キャリア相談もお気軽にご相談ください。

無料転職支援サービスに申し込む
TOPへ